スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次期主力戦闘機の選定、見直し…F22の生産不透明化で

次期主力戦闘機の選定、見直し…F22の生産不透明化で

F-35だけは買わないでほしいです・・・・。
なのでタイフーンが消去法であがってきますが・・・・

ここ数十年内に戦争になる可能性は極めて高いと情勢から判断できます。
できることならタイフーンを取り入れて、尚且つ自国開発ができるようになってほしいです。

まずはエンジンの開発からなのですが・・・・約10年の期間が必要になる・・・・と言われています。
実際、10年も自国開発してるほどお隣さんや他国が待ってくれないでしょう・・・。

だからタイフーンを取り入れて、自国開発ができるようになってほしいです。
零戦が生み出された国なんですから、そして新しい分野の開拓にもきっと繋がるでしょう。
スポンサーサイト

theme : 自衛隊/JSDF
genre : 政治・経済

掃除

物捨てられないからたまる一方な管理人
特に本が捨てられない・・・・。

2004年から2008年の雑誌があるからおかげで床が抜けそうです('A`)

共有ファイルの右クリックの反応が遅い問題

自分の環境はPCを3台共有で使ってます。
基本はメインPCでなんでもやるんですが、ファイル整理のために分散していろいろ保存してます。

が、

共有PCの中のファイルに対して右クリックをすると反応が遅いってのが悩みでしたけど、今日解決できました。

方法
1、「スタート」→「マイコンピュータ」を右クリックして管理を選択
2、「サービスとアプリケーション」の「サービス」を選択
3、「WebClient」をサービス内から探して右クリック
4、「プロパティ」→スタートアップの種類を「手動」に変更
5、サービスを「停止」

これで共有フォルダ内のファイルを右クリックしても反応が遅くならないはず。

ところでこの「WebClient」のサービスってなに?って調べたら下記のような解説が・・・・

WebClientサービスについての考察
 WebClientサービス=XPで新規に追加されたWebDAVリダイレクタ。ということらしいのだが、結局、何者なのかはさっぱり分らない。そこで動作テストを行い考察してみた。

 XPにはWebDAVサーバーへアクセスする手段が2つ用意されていて、1つは今までのWindowsにも搭載されているWebDAVクライアント(Win2000の場合はMicrosoft Data Access Internet Publishing Provider DAV 1.1)。そしてもう1つがXPで新登場したWebClientサービス(Microsoft-WebDAV-MiniRedir/5.1.2600)となる。両者の違いはテキストファイルへアクセスした際に現れた。旧WebDAVクライアントではテキスト内容が表示されるだけだが、WebClientサービスの場合はメモ帳が起動した。そして編集後にそのまま保存できた。これがリダイレクタたる所以でサービスとして動作することの強みだと思われる。ただし、直開き&直保存はネットワークに対応しているアプリケーションでないとダメのようだ。また、困ったことにキャッシュが効いているらしく、保存したファイルを開きなおすと編集前の状態となって読み込まれてしまうケースが多々あった(ちゃんと保存はされているのだが)。

 一見よさげなこのサービス。上記のような問題があったり、動作が遅かったり、認証時の動作が独自だったりとイマイチ使い勝手が良くない。そこはかと「IISをサーバーとしたLAN環境での使用を想定?」という印象を受ける。

 結論:やっぱりこんなサービスを起動しておく必要はない。

引用サイト:http://www2s.biglobe.ne.jp/~memo/x24/wxptips.htm
カレンダー
11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

白兎

Author:白兎
Sex:Male
Age:28
Job:Electrical worker
@@

リンクについて

あくせすかうんた~
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。